信念とは?



自分の中の 「設定」 「確信」 です。

生れてからの細かい経験の積み重ねで

感情と共に定着した思いです。



ひとつ、例を書いてみます。

始まりは、小さい経験だったかも知れません。




声をかけた相手がたまたま気づかずで、傷ついた私。

忙しいお母さんに振り向いてもらえなかった私。

友だちと理解が食い違い、不安になった私。

「 私って、わかってもらえないのかな?」

その上に、同僚からたまたま離れた席だったので

皆の輪に入るチャンスを逃した経験。



そのような体験が積み重なると

「 私って人に受け入れられないんだ 」

という信念が定着してゆきます。



そして、その信念に相応しい行動をとるように

なってゆきます。

人に近づかなくなったりです。

または、いつも人の顔色を気にして緊張しています。

「 だって、私は受け入れられないんだもの

もう傷つく経験をしそうな場面は避けよう 」 と。



人はそれぞれの信念を通して世界を見ているので、

同じ状況下でもその体験の意味、味わい方、には

ずいぶんと個人差が出てきます。



例えば、友人に出したメールに返信が来ない時

どういう反応が想像できるでしょう?



「 きっと忙しくて、返事を忘れているのよ 」
(平静)


「 返事を書く時間が無いくらい今は大変なのかもね 」
(共感)


「 メールで気を悪くさせたのかしら、大丈夫かしら 」
(不安)


「 もしかして私、嫌われているのかな 」
(緊張、恐れ)


「 これって無視? 私、切られた? ひどい!」
(悲嘆) (怒り)



自分の中の 「設定」 が反応して生み出す

自動的な感情反応です。

もちろん、正しい中には認識のときもありますが

妄想が暴走する可能性も見過ごせません。



「 私には存在価値がある 」

「 ありのままの私でいい 」

「 私は大切にされる人 」 

などの信念が健全に設定されていれば

(平静)や(共感)の気持ちで楽にいられます。



それらの設定が不健全だと、

反応は (不安)(恐れ)(悲嘆)(怒り)

などになります。

「 考えすぎじゃない?」 

と誰かにアドバイスをもらいながらも

心の中ではネガティブ妄想が膨らみます。



その場面は外から見ると同じ現実なのに

内側では違う現実を体験しています。

その理由は 「 信念 」 が違うからです。



信念は、その影響下の感じ方によって

無意識に次の行動の判断を生みます。

「 人からは離れておこう 」 と。


それが次の経験になり

「 誰も私に声かけてくれない、人って冷たい 」



「 やっぱり、私は受け入れらない 」

と、同じ信念を更に固めたり



「 人間関係って苦労する 」 などと

新しい信念を産み出すことにもつながります。



ネガティブな信念の設定が解け

健全にリセットされたら

どれほど人生が好転するでしょう。